祈りは伝わる

「祈りは通じる」「愛は伝わる」と言われていますが、 
それが「目に見えた」体験をお聞きしました。 

ある男性が交通事故に遭って臨死体験します。 体を抜けて、事故現場での一部始終を目撃するんですけれども、 その場にいる人たちの気持ちも分かってしまったそうです。 
ほとんどの人は「こっちは急いでるのに…迷惑だな!」などと、 人が目の前で死にかけているというのにまるで自分勝手。 そんな気持ちが見えてしまい、がっかりするやら腹が立つやら。 


ところが、後ろの方の車から、虹色の光が出ていることに気が付きます。「何だろう?」と見に行ってみると、車の中の女性が「目の前の事故に遭った人がどうか助かりますように!」と必死に祈っていたのです。彼女の純粋な愛の祈りが、虹色の光となって彼に向って注いでいたのでした。 

 

その方の祈りの甲斐あってなのか? 男性は体に戻り、一命をとりとめます。体が回復してから、彼はその女性を探し当て、お礼に行ったそうです。ドアを開けたら見知らぬ男性が。 「どなたですか?」と聞いたら「あの時、事故に遭った者です。 貴女の祈りのお陰で…」と感謝を伝えたそうですが、素晴らしいエピソードですね。

…という話をスピ友から聞きました。 
その男性はサイキックな有名な人なのだそうで(名前は友人も失念)、 もしかしたら有名な話で、ご存知の方もいるかもしれません。 (ご存知でしたら教えてください!) 

癌で闘病中の私より少し若いスピ友がいます。と思っていたら、スピ師匠もつい最近癌で緊急入院。 友人たちは、見えない世界を知っている人や能力がある人が多いですから、ヒーリングを送ったり、平癒祈願をしたり、 一般人以上に真剣に祈りを送っています。 
私ももちろんそうしていますが、「見えない」悲しさ、 「届くのかな?」という疑いが脳裏をかすめることがあります。 皆さんの前では言えませんでしたが。 でも、今日、このエピソードを聞いて、自信をもらいました。 

難病で寝たきりの母がいます。離れて暮らして、介護にも携わらず、見舞いも間遠で、申し訳ない気持ちで一杯です。身振り手振も含めコミュニケーションが全くできないし、瞼を開けることがほとんどできないので(視力はあるようです)、 電話をかけたり、メールを送ったりすることもできません。 
できることは愛を送ることぐらい…サイキックな友人たちにも「持ちは伝わるから!しっかり、お母さんに心で話しかけてね」と言われているし、毎日、特に、夜寝る前と朝起きる時には、「おやすみ、お母さん」「おはよう、お母さん」と声をかけている。 
でも、そんな自分にふっと疑念がよぎることがある。そんなことをすることで、何もしていない自分を誤魔化してるんじゃないか? 何か「したつもり」になって、偽善じゃないか?と。 
でもこの「虹色の光」の話を聞いて、やっぱりそうしていいんだ、と思いました。 体が動かない分、半分は魂状態で生きている母なら、はっきり分かるかもしれない。今は分からなくても、あちら側へ行ったときはちゃんと分かってくれるに違いない。ならば、私の自己満足ではなくて、本当に意味があるんだな、と。 

逆に、「祈り送ったって意味ないよね」などと考えたらそれも伝わってしまう(^^; 「言わなきゃバレないだろう」と思うことでも後でちゃんとバレる(^^; と思うとこわいっすね。 
スピリチュアルに生きるということは、ノンストップで「真心」が問われます。煩悩だらけで怠け心のある私には、キツい世界であります。 
真面目に、祈りや愛、見えないものについて、ちょっと反省した私です(-_-;

*営業時間*

9:00〰23:00

<完全予約制>
不定休 

*予約方法*

*関連ブログ*

*雑誌に掲載*

★2011年bea's up 9月号に「未来世療法」で

取り上げられました♪