ヘミシンクで起きた驚愕の「前世体験」

「はじめてのチャネリング」の著者である鈴木啓介さんのデビュー作、

ヘミシンクで起きた驚愕の「前世体験」 を読みました。

 

過去生を語る上で外せない名著ですね!

ヘミシンクは、ヘッドフォンの左右の耳から違う周波数の音を聞かせることで、脳内に瞑想状態を作り出す音響技術。ヒプノセラピー(催眠療法)とはアプローチ方法は違いますが、非常に共通性が高く、私も自己トレーニングとして取り入れ、研究中です。

ヘミシンクを使えば、過去生も見えます。その強烈な体験を綴った体験本。

 

著者は、どちらかというとお堅い、論理的なサラリーマン。サイキックとは無縁だったのがあれよあれよと言う間に「体験」をして、信じざるを得なくなった成り行きに親近感。

 

チャクラが開く、シンクロが起こる、感情体験が来る、メッセージが来る、…さまざまな「体験」フルコースてんこ盛り!という感じですね。実際はこういうケースは稀で、私ももっとずっと淡いものですが、ここまでリアルな実感をもったらとても面白いです。

 

有名な書籍だったのに、なぜか?今頃読んでますが(^^; ヘミシンクに限らず、過去生でもチャネリングでもこれからいろいろ「体験」してみたい方には必読です♪

*営業時間*

9:00〰23:00

<完全予約制>
不定休 

*予約方法*

*関連ブログ*

*雑誌に掲載*

★2011年bea's up 9月号に「未来世療法」で

取り上げられました♪