2013年

6月

18日

前世は見えなかったけれども

本日お越しの前世療法クライアントさんが、
今までにない素晴らしい体験をされたので、
ご報告します。

 

なんと、一つも前世を見ることができなかったのに、

大感動して涙ながらに、

「すべてわかりました」

と深く納得してお帰りになる

不思議な体験をされたのです。

複雑な家庭環境に生まれ、生母との生き別れ、養母との葛藤、夫との死別…など、人にはない多くの苦労をされた人生だったそうです。「どうして自分だけ?」と傷つき、「自分は何のために生きているのか」と悩み、人知れぬ孤独を背負って生きてきたそうです。

「このような成り行きに生まれ育ったのは、よほどの過去世からの因縁があるに違いない」と思うのも無理もないご事情。前世療法を受けるのは悲願だったそうです。

ところが、誘導をしてみても、ちっともビジョンが訪れないのです。「練習」では非常に順調で、ビジョンを受け取るのもそれを言葉にするのもとてもお上手なお方。素直でとても感性も豊かで、スムーズに行きそうに思えたのに。

「こちら」と「あちら」の境界の”小川”を超えるのが不十分だったかな?と戻って、もう一度渡り直してみる。
 魂の状態でフワフワしているビジョンに留まっているので、過去世に”降下する”誘導を入れてみる。
辺りを感じてみる。足元を意識してみる。一度催眠から”上がって”、仕切り直ししてみる。

有効と思われるあの手この手、使える限りのテクニックをフルで駆使してみましたが、ちっとも進展しないのです。 

写真はブログ「更紗の虹色☆毎日♪」より
写真はブログ「更紗の虹色☆毎日♪」より

そこで、過去世に無理矢理誘導するのは諦めて、高次元存在とコンタクトする誘導に切り替えたところ…

 

「えー、これ何~?」と言いながらボロボロ涙をこぼし始めました。「今まで苦しんできた意味がわかりました」「今までも、いつでも、愛され、護られてきたのがわかりました」「自分が価値ある存在だということ、生きている意味がわかりました」と、嵐の感動です。そしてやがて、「ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます…」とうわ言のように呟き続けました。

実のところ、私には見えないので、本当のところは何が起こっているのかよくわからないのですA(^^; でも、魂の底から揺さぶられ、長年の苦しみや悲しみからの解放が起こり、至福の体験をされていることは伝わってきました。私も思わず、共に涙を流しました。

 

イメージ写真は、更紗さんのブログ http://hikarinoshigoto.hamazo.tv/c547670.html よりお借りしました(ご了承済み)。観音のエネルギーだそうす。

 

催眠から出たあと、あんなに見たがっていた過去世が全然出てこなかったにも関わらず、「もう、それは、いいんです」と晴れやかな笑顔を見せ、「残りの人生、幸せに生きていくことができます」とおっしゃっていただけました。

前世療法は、「問い」に対して、「答え」が返ってきて納得、…という単純なパターンではないことも実は少なくありません。その時のご本人の「納得」は時に人生を変えるほど深いのですが、傍からは何が起こっているのか、よく見えないことも多々あります。

この現象は説明に苦しむところで、クライアントさんの感動の半分も伝わっていないし、更にそれを文章化したらますます分からないだろう、ともどかしいです。

 

深くてシンプルな、前世療法の世界の面白さが、少しでも伝わればな、と切に思わされた今日でした。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    miyuki in choshi (木曜日, 20 6月 2013 00:28)

    クライアントさん,本当によかったですね。

  • #2

    eribow (木曜日, 20 6月 2013 00:31)

    >miyukiさん ありがとうございます♪私も感動でした。

*営業時間*

9:00〰23:00

<完全予約制>
不定休 

*予約方法*

*関連ブログ*

*雑誌に掲載*

★2011年bea's up 9月号に「未来世療法」で

取り上げられました♪