誕生日~前世療法に出会ってわかったこと

三色の桜。まだ散り残ってる白、葉桜になりかけのピンク、鮮やかな新緑。
三色の桜。まだ散り残ってる白、葉桜になりかけのピンク、鮮やかな新緑。

今日は不詳私めの誕生日です。

年を重ねるのがちっともいやではない、幸せな毎日です♪

 

昔から、桜の盛りに生まれたのがとても気に入っています。まるで私の生誕を祝ってくれているような(笑)。だから、桜好きもひとしおです。

今年は開花、早かったですねー。

毎朝気功をやっている自宅マンション前の公園。桜満開の頃。
毎朝気功をやっている自宅マンション前の公園。桜満開の頃。

私は未明(4時とか?)に生まれたそうです。雨が少し降って、暗く寒い朝だったそうです。今朝も、そんな感じでしたね。生んでくれた母に感謝するひととき。

毎週末ご挨拶している調布の小さな神社。
毎週末ご挨拶している調布の小さな神社。

2009年に”スピリチュアル”に出会って、私は変わりました。一言でいうと、楽で、幸せになったんです。

 

瞑想やりました。占いや霊視で明るい未来を示してもらいました。スピ本読んで、波動を高めるとか言霊大事にするとか、愛と感謝とか、手放すとか、さまざまな思想を取り込みました。断食菜食で体変える試みもしました。滝行座禅マントラ(真言)、修行系もトライしました。カウンセリングやヒーリングも受けました。気功ヨーガ漢方などを通して、体から整えることも学びました。浄化もしてもらったし、パワーストーンも買った。パワスポも行った。

もう、立派なスピおたくですね。具体的に何が”効いた”かは、あまりにもいろいろやり過ぎて(笑)よくわからないです。

でも、間違いなく、一番根底の部分を変えたのは、前世療法に出会ったことです。

 

「私たちは、肉体を超えた魂の存在である」ということを、「体感」したときに、すべてが変わりました。

理屈では、そのような考え方も存在する、ということは知っていました。否定する根拠も確かではないので、それもありだろうな、というスタンスをとってはいました。しかし、頭で受け入れることと、それを実感することはまるで違います。

 

永遠の魂の存在を「感じる」安堵感を、なんと表現してよいのでしょう。

この世で最も恐ろしく悲しい感情とは、別れること、失うことではないでしょうか。生老病死…仏教でいう四苦は私たちの苦悩の根源です。ところが、魂の観点からすると、「何ものも失われることはない」のです。魂に老いはなく、別れた人とも必ずまた会える。

小学生が下校して、お友達とサヨナラしても、また翌日学校に行けば会える。だから、明るくバイバイできる。夏休みの宿題、終わらなくても、実は9月に入ってからもできる(笑)そんな感覚かな。

 

前世を見るスタンスとは、「すべてが学びである」「良い悪い、成功失敗、尊い卑しい、幸不幸、正しい間違った、賢い愚かな、豊かな貧しい、美しい醜い…といった二極分化はすべて本質的なものではない」ということです。

 

失敗や不幸が存在しない。

この体感は、すごいことです。

 

世間一般や、スピリチュアル仲間でさえも、「前世は脳の作り出した妄想だ」というスタンスをとる人、「過去には囚われず、現在のみを見よう」という発言をする人がたくさんいます。もし私も、このような出会い、このような仕事をしていなければ、そういう立場に立っていても不思議はなかったと思います。「常識的」には、そうですよね。

 

また、私も、前世を一度見ただけで、この境地に至ったわけではないです。自分自身でたくさんたくさん過去生を見て…クライアントさんと出会ってさらに数多くの前世体験に立ち会ってきて…その中でだんだんと培われ、確実になっていった思いです。

 だから、説明は難しいし、説得力も、どうすれば出るのか、正直よくわからないのです。ただ、これは紛れもない私の「体験」なのです。

 

心の底から、自由になり、楽になり、「今」を肯定して、「今」の価値が最大限わかるようになった…それが私の前世療法体験です。スピリチュアル=spiritualとは、「魂的な」という意味です。この本質、魂を感じて、魂で生きる、ということを、知ると、すべてが変わるのです。

 

前世療法との出会いをしみじみ振り返り、味わっている幸せいっぱいの誕生日です♪

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    miyuki in Chiba (火曜日, 30 4月 2013 23:51)

    先生の文は読みやすく わかりやすいですね。私が前世体験したのはまだ一度と少しです。でも死ぬことは怖くない、魂ってホントにあるんだと、思うようになりました。先日 4年ぶりに実家に行くことができました。歩いて5分かからないところなのに、月日がかかりました。前世療法という不思議な体験で 亡き父がいつもそばにいることがわかり、自分の幸せは両親のおかげとわかりました。恵理子先生、ありがとうございますo(^▽^)o

  • #2

    PADOMA (木曜日, 02 5月 2013 09:15)

    >miyukiさん
    コメントありがとうございました♪
    4年の壁(!)を破って、miyukiさんの人生にとって、よい変化があったのですね。私もそうですが、実の親との関係って一番難しいのかもしれませんね。
    亡き方の命を感じることができる、というのは、とても大きな心の平安に結びつきますよね。前世療法の深い意味でのよさを体験してくださって、とっても嬉しいです!!

*営業時間*

9:00〰23:00

<完全予約制>
不定休 

*予約方法*

*関連ブログ*

*雑誌に掲載*

★2011年bea's up 9月号に「未来世療法」で

取り上げられました♪