雪の総持寺坐禅会

昨日の大雪から一転、

清々しく晴れ上がった今日、
曹洞宗大本山総持寺の坐禅会

参りました。

集合は11時半で、ランチ企画から。鶴見駅周辺は、手頃で美味しいお店がたくさんあるのです♪

参加者の方のリクエストに応えてお店を選びます。今回は韓国料理やさん「幸河」へ。私はスンドゥブ・チゲを頼みました。キムチはお店の自家製、ご飯とキムチはおかわり自由です!

お土産ショップもある受付場所で13時集合。老若男女30人ほどでしょうか。平日なためか、単身参加の方が多いようです。若い方もけっこう多いです。

 

そこから大広間に移動して、13時半から座禅未経験者のための説明。お坊さんが坐禅の用語や作法を丁寧に指導してくださいます。

総持寺のHPよりイメージ写真
総持寺のHPよりイメージ写真

座禅堂へ移動して、14時からいよいよ座ります。一柱(いっちゅう)というのが一単位で、約40分。線香が燃え尽きる時間だそうです。今回は二柱、座りました。

 

修行僧が実際に使っている座禅堂を使わせていただく、本格的な機会です。これで参加費用500円は、実質無料。贅沢ですね♪

ピンと張り詰めた空気がたまらないです。警策(きょうさく=背中を棒で打ってもらう)も受けました。

本格的な座禅は久しぶりだったのですが、足が全然しびれなかったのは嬉しかったですね。座蒲(ざふ)という座禅用の座布団(クッション)がスグレモノだという気がします。

坐禅坐禅の間には、経行(きんひん)という歩くも入りました。うーん、本格的♪

お堂は広々とした空間で、空気はひんやりしていますが、ストーブも入っているので、やや厚着をしていればそんなに寒くありません(暖房のない座禅もけっこうある)。

二時間はあっという間でした。

しばらく来ないでいるとシステムが変わっていたりするので、前とはだいぶ違いますが、総じて「お客様扱い」になり、説明もあまりやかましくなく、「優しい」坐禅になっていると感じました(もっと厳しい坐禅会もある)。

 

総持寺の坐禅会は、暁天(=早朝)坐禅会と、今回のような日帰り坐禅と、宿泊坐禅とあります。宿泊坐禅会も、中身が濃く、精進料理も美味しく、とってもよかったです。

 

また企画したいと思います。ふるってご参加ください♪

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    川崎 薫 (木曜日, 17 1月 2013 23:26)

    とても良い経験になりました。四捨五入すると50年近くこのお寺とお付き合いがありますが、このような形でこのお寺と違う形でお付き合いが出来るって面白いですね。ありがとうございました。

*営業時間*

9:00〰23:00

<完全予約制>
不定休 

*予約方法*

*関連ブログ*

*雑誌に掲載*

★2011年bea's up 9月号に「未来世療法」で

取り上げられました♪