ホロトロ納涼瞑想会&ディジュリドゥ演奏

天外伺朗さん瞑想会
中央奥白い服が天外さん、緑のシャツがモトさん

天外伺朗さん主催の

ホロトロピック・ネットワークの行事、

瞑想と納涼の夕べに

参加してきました♪

 

ディジュリドゥという楽器を演奏する

MOTOさんとのコラボも楽しみです。

上の写真は明かりが点いていますが、瞑想が始まると電気を消してほぼ真っ暗です。40~50人くらいでしょうか、畳のお部屋で車座になり、各自好きな形で座ります。特に指定はないですが、脚を組む人多し。手も印を組んでも何でも自由です。

 

天外さんの誘導に従って、体をリラックスさせていき、少し呼吸法をやり、「あー」という声を自由に出す倍音声明(ばいおんしょうみょう)に入ります。声が重なってウワーンという響きとなり、どんどん瞑想に入っていきます。

 

MOTOさんは、ディジュリドゥというアボリジニ(オーストラリア先住民)の楽器を演奏。2mくらいある巨大角笛、といったらいいでしょうか。船の汽笛のような、超低音のブオーという響きは、体にぶるぶる来ます。

途中から声を止めて、静寂の瞑想に入ります。

 

MOTOさんは、チベットの鐘の形の楽器、シンギングボウルの演奏と、モンゴルの歌唱法、ホーミーを重ねます。シンギングボウルは遠くから聞こえてくる汽笛のようなくぐもった響く音、ホーミーはどこか風の音を思わせるどこから聞こえてくるか分からないような音。どちらも倍音出まくりで、ものすごく瞑想に入ります。

倍音のことが分かる方なら、お分かりでしょう、ものすごく贅沢な「倍音てんこ盛り」企画です(笑)。ビバ瞑想!ビバ倍音!です。ハイ。

 

最近私は、ちょっと瞑想状態になると、どんどんセルフ前世療法をやってしまうので(^^; しかも自分に関わりの深いチベットとモンゴルの音楽じゃあありませんか!もう勝手に前世療法状態に~。

 

正味1時間ほどでしょうか?気持ちよく、あっという間でした。

アフターは、スタッフ手作りの軽食で懇親会です。このお料理がまたびっくりするくらい美味しくて、もう3年目になりますが、毎年楽しみにしているのです。生ハムのバゲットサンド、ラタトゥイーユ、春巻、南瓜のサラダ…etc. どれをとっても手作り感いっぱい、魂を感じるお料理ばかりです(感涙)。

 

一テーブル7.8人くらい自由に座って、知り合いも初参加の方も皆適当に入り混じって歓談。私は会を通じて仲良くなった3人組でお約束して参加したので、「お久しぶり~♪」とまずは乾杯。はじめましての方々と、瞑想話、断食話、スピリチュアル話などなど、すぐに打ち解けます。

 

せっかくだから、天外さんとツーショット写真撮ればよかった、MOTOさんに楽器の写真撮らせていただけばよかった…と後悔しましたが、瞑想ですっかり頭ぐるぐるになり…瞑想後って、アルコールが効くんですよね!!!(^^; 失敗シマシタ

 

ホロトロの瞑想会、最高です♪♪ 

*営業時間*

9:00〰23:00

<完全予約制>
不定休 

*予約方法*

*関連ブログ*

*雑誌に掲載*

★2011年bea's up 9月号に「未来世療法」で

取り上げられました♪