千葉の阿夫利神社、清戸の泉、宗像神社はしご!

阿夫利神社
阿夫利神社鳥居

ヒプノセラピスト仲間となった

おくだふとしさん西岡規子(としこ)さんとご一緒に

初対面にも関わらず、いきなりパワスポ巡り(笑)

 

千葉の印西市方面をドライブして、

阿夫利(あふり)神社

清戸(きよと)の泉

宗像(むなかた)神社

はしごしました!(鼻息)

阿夫利神社奥の院鳥居‐ここから結界
阿夫利神社奥の院鳥居‐ここから結界

おくださん、規子さんともに、「エネルギー」が分かる方なので、神社訪れてすぐそんな話が弾みます。奥の院の入口の所から、エネルギーが違うそうです。規子さんは「わかるでしょ?」と促してくれるので、うーん、感じてみます。確かに???

 

帰りにどんどん階段を下りて行く時、「上の方が空気が濃くて、下に行くとだんだん薄まってくるような感じ」と言ったら、「それだけ分かれば十分よ」と褒めてもらいました。ワーイ♪

阿夫利神社奥の院
パワー…感じる?

どんどん登っていくほどエネルギーは強くなり、奥の院の脇のちょっと広くなった所が、一番強いそうなので、おくださんと代わりばんこに感じてみます。おくださんは、「うわー、ぴりぴり来る!!」と大騒ぎしていましたが…私は?(^^;

でもこの写真、分かりますか?何か、雰囲気ありますよね?!

阿夫利神社の巨樹
樹のエネルギー…感じる?

境内には、樹齢何百年?千年?の巨樹が何本もありました。おくださんは、樹に触れて、何か「コミュニケート」してましたよ♪

私も、樹に抱きついてみたりしました。樹は、なんだか温かいんですよね。

清戸の泉付近の林
精霊…いる?

次に訪れた「清戸の泉」というのは、なんとゴルフ場内にあります(驚)。開発した際に、そこだけ手つかずで残してあげたみたいですね。

 

気持ちのいい雑木林の中をずーっと抜けて行きます。以前、スピリチュアル友に「精霊はこういう所にいるんだよ」というレクチャー?薫陶?を一時受けていましたので、自然が美しい場所ではしばしば「ここ精霊いそう」とチェックする癖がついているのですが(笑)、この林は居ますよ!

別に目で見えるわけではないのですが(^^;

清戸の泉
龍…いる?

10分ほどカントリー倶楽部の中を進んでいくと、林の片隅に、そこだけぽっかりと時間が止まったような空間がありました。小さな池の真ん中に、古びた祠が。水は溜まっていて動きがないのに、不思議と淀んだ感じ、汚い感じがないのに驚かされます。辺りの空気が、キラキラ光ってるような、そんな場所です。

例によって、龍神系大好きな私(笑)は、水の気配いっぱいのこの場所にゴキゲンです♪

清戸の泉付近の芝生
木漏れ日キラキラ

引き返す途中に、きれいに整えられた芝生があり、平日で人気もなかったので、ちょっと気功などもやってみました。

靴も脱ぎ捨てて(笑)3人でゴロリと大地に横たわってお昼寝(笑) 地のパワーを感じてみました。

猛烈に暑い日も若干傾きかけて、松の木陰が心地よい。こちらは天のパワーですね。

チャクラの深呼吸、魂の深呼吸、という感じです♪

宗像神社
まるで…生きてる?

もう日は傾きかけていましたが、最後に訪れたのが宗像神社。細長い敷地の奥に本殿がポンとあるだけの、シンプルで小さな神社なのですが、ドキっとしましたよ!何だか怖いのです。気持ち悪い…という方向ではなくて、何だか…お社が生きているみたいな(><; 古ーい雰囲気があって、「神示が降りてきた」台方麻賀多神社にも似ている気がしました。

宗像神社鳥居
まるで異界への入り口

まるで原始林の中へ分け入るような参道でした。

 

しかし、たまたま3人とも時間が空いていて、いきなり「行ってみましょうか?」というノリであっという間に出かけてしまったのも…やはり前世からのお仲間?!初対面とは思えない違和感のなさで、濃い半日でした。

駆け足で、すごいスポットを回りました。ご紹介くださった西岡規子さん、車を運転してくださったおくだふとしさん、私は「行っただけ~」です(笑)ありがとうございました!

 

*営業時間*

9:00〰23:00

<完全予約制>
不定休 

*予約方法*

*関連ブログ*

*雑誌に掲載*

★2011年bea's up 9月号に「未来世療法」で

取り上げられました♪