銚子の猿田神社行ってきました

猿田神社鳥居

あっつい夏至の日、

千葉県銚子市の

猿田神社(さるだじんじゃ)

行ってきました。

 

 

千葉駅から、総武線に揺られ揺られて1時間半。千葉を出ると、田んぼが広がる田園風景。ガラガラの電車内でうつらうつら。自宅から3時間の長旅でした。

 

田舎度はどんどん増して、辿りついた猿田駅は単線の無人駅。降りると、鶯をはじめうるさいくらい鳥の声がします。そして、辺り一面「肥」のにおいがします(~▽~; 駅の周りは、見事なほど何もありません。

それでも、よろずやのような酒屋さんには、猿田神社由来の日本酒などが置かれています。

神社は、小高い丘の上にありました。実は、今回わざわざ遠出したのは、千葉東方沖を震源とする地震が続いていて、「津波で流されてしまったら二度と行けなくなる」と焦っての強行でしたが…大丈夫な場所だった^^;

 

山?丘?全体が木々に覆われていて、緑が美しい。とても優しく柔らかな気が満ちていて、間違いなくイヤシロチです。古墳のような趣もあります。

 

32度を越える猛烈な暑さでしたが、ひんやりとした土が暑さを吸い取り、木陰が日差しを遮って、ほどよく気持ちいいのです。自然に恵まれていれば、空調なんていらないんだなあ、と実感。

猿田神社境内にて

境内にて。白いシャツに白いズボン、白い靴を履いて、白装束モードです。気合い入ってるでしょう?!(鼻息)。

 

実は、昨年秋にお会いしたとある霊能者の方に、「猿田彦神社」が私への「おすすめ神社」と言われてい、以来ずっと行きたいと思っていました。私の「道開き」の神様だというのです。

猿田彦神社は、全国に数カ所あるのですが、うちからは銚子が一番近い。なかなか思い切って行けなかったのですが、日に日に千葉東方沖地震の心配が募り、エイヤ!と行くことに決めました。

 

決めたその日はたまたま「夏至」。パワースポットならぬ、パワータイム?というものがあるそうで、春分秋分、新月満月、夏至冬至は、「特別な時」なのだそう。これはもう、最強ではないですか?!

建物は古く、凝った掘り物もほどよく色褪せて、こじんまりとして素朴で温かい佇まいです。エネルギーは明るく、軽く、細やか。とても柔らかい空気が流れていました。緑も、包み込むように優しい。

私なりに勝手に感じた神様のイメージは、日本史の教科書にイラストで出てくるヤマトタケルノミコトみたいな、白装束に束ねた髪の古代の男の人。

 

社の周りをぐるりと回ると、苔むした小さな末社がいくつも並んでいる所に出ました。ここが、木漏れ日を通して、不思議なくらい日陰なのに明るい。まるで社が生き物のようでした。

できれば一日中いたい!と思えるほど、どこもかしこも気持ちのよい場所でした。

猿田神社後ろ

社殿の真後ろに、祠がありました。幣(ぬさ)が風にそよいで、何だか生きているみたい。正午に近い明るい日差しが真上から降り注いで、神々しい。これは…と思って、手を合わせ、頭を垂れ、ご挨拶しました。

 

このために、わざわざ、時間とお金をかけてはるばる来たのです。念願叶って感無量でした。

裏手を出て1,2分の所に、奥の院があるので行ってみました。くねくねした雑木林の中の道を下って行くと、「御神水」と札の立った小さな池があり、小さな赤い祠が立っています。ああもうここも「何かいる!!」と感じずにはおれない、雰囲気のある所でした。ここも木漏れ日、緑が美しく、空気が柔らかい。

湧き水が汲めるようになっています。ペットボトル持ってくればよかったな~。

さらにその少し先に、「猿田彦大神降臨の地」がありました。少し小高く盛られた土の周りが囲われている。くねくねとした原生林は、沖縄の聖地・御嶽(うたき)を思い出させました。

真夏のような強い日差しに、植物が燃え上がるようで、生命力を感じました。ここも、古墳のような古代の息吹が感じられて、感動でした。

猿田神社お札とお神酒

わずか1時間ばかりの滞在でしたが、夢のようでした。

 

お土産?に、お札と、猿田神社限定の日本酒「菊理」を買ってみました。ふだん、お札なんか買ったことのない私なのですが、何だか特別な気がして。お酒も、飲むというよりは、供えたい気持ち。

PADOMAの店内に置いてみました。

 

横浜から銚子まで、関東を横断する「小さな旅」スピリチュアル版でした。私の「道開き」になったでしょうか?楽しみです♪

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    けん (金曜日, 04 1月 2013 16:25)

    はじめまして(*^^*)
    霊能者ってもしかすると船橋の方ですか?

  • #2

    根本恵理子 (土曜日, 05 1月 2013 08:16)

    >けんさん
    はじめまして、コメントありがとうございます
    ”霊能者”は、埼玉県にお住まいで、
    口コミでしかセッションされていない無名の方です。
    船橋の方は、もしかして行徳?の男性の施術家かなー?

  • #3

    (水曜日, 08 5月 2013 18:15)

    こんにちは、嶋です。神社に移っている紫の光はすごいですね。大変尊い方の霊気なのでしょうね。すごい写真です。実は私も信頼する霊能者の方から、守護神は猿田彦の大神だと聞かされ、今週か、来週中に参拝に行こうかと思っています。根本さんのHPは参考になりました。
    ありがとうございました。

  • #4

    根本恵理子 (木曜日, 09 5月 2013 23:53)

    >嶋さん
    コメントありがとうございます。今朝たまたま、銚子の神社の話が出たばかりなのです。もしかしてシンクロ~?

    久しぶりにこの記事読みましたけど、こんな光写ってたなんて、すっかり忘れていました^^;
    今見ても、その時の空気感、気持ちが蘇ってくるようです。ほんとうに素敵な場所なので、ぜひ、ゆっくり時間をとって訪れてみてくださいね。

    前世療法のクライアントさんが、銚子在住で、なんと!猿田神社の神主さんと幼馴染だというのです(@O@; そのクライアントさんとはまたお会いする約束で、いつか絶対また訪れたいと決めています。よろしかったらご一緒しますか?でも今週来週は予定いっぱいですので、私はもっと先ですが…

  • #5

    841 (月曜日, 29 6月 2015 10:08)

    お写真たくさん ありがとうございます。
    昨日第二子と参拝できました。
    今朝も発見(メッセージ)がありましたが、監視しているシオニスト・サンヘドリン・ユダヤ人支配グループに情報が悪用されることを回避する為に伝えられませんが、
    本宮の偉大さを知りました。特に塚。
    私が昨日 本宮塚 の端に両手を置き交信していただいたら、
    *名前は違っても無用(キリストであろうが猿田彦であろうが) 届く。
    *真実は迷路のように複雑になっていて辿り着けるランク?位置がある。認識は人それぞれの段階で行われている。だから、おもしろい 脳が発達する いろんな力が必要。
    *過去はよいから、今 愛の行動 今の社会に何をするか 大切。
    など、返信をいただきました。
    感謝してこちらにご報告させていただきます。m(__)m

*営業時間*

9:00〰23:00

<完全予約制>
不定休 

*予約方法*

*関連ブログ*

*雑誌に掲載*

★2011年bea's up 9月号に「未来世療法」で

取り上げられました♪