薬膳バレンタイン・チョコ

なつめ
水で戻した乾燥なつめの種を取り除き、刻む

 

バレンタインデー用に、

漢方生薬の一つである

なつめを入れた

チョコケーキを作りました♪

なつめ大棗(タイソウ)という名で、「気を補う」生薬としてよく使われます。気を補うとは、疲れやすい、だるい、元気が出ない、風邪を引きやすいなどの体調を改善するということ。お疲れが溜まっている現代人のほとんどにおすすめではないでしょうか。

また「安心(あんじん)=精神安定」の効果もあり、イライラや不眠傾向にも。

 

優しいお味のドライフルーツです。本場中国ではおかゆに加えたり、肉の煮物に入れたり、日常的に取り入れられています。

くこの実

もう一つ、クコの実も入れてみました。よく杏仁豆腐の上にちょこんと乗っかっている赤い粒です。

おかゆにも料理にもデザートにも加えやすく、同じく「気を補う」作用の生薬です。

薬膳カップケーキ

ココア生地に削ったチョコレートを加え、刻んだなつめクコを混ぜ込んで、オーブンで焼いて、薬膳チョコカップケーキの出来上がり♪

ミュージシャン友人のライブコンサートに行くので、メンバーおよび仲間たちの差入れ用に山ほど(?)焼きました。かわいくラッピングもしてみました。

 

味見したら、なつめクコの味がほとんど分からず(苦笑)、ちょっと細かく刻みすぎたか、と反省。混ぜ込まず、上にトッピングした方がインパクトあってよかったかもしれませんね。

他の薬膳食材としては、黒胡麻、蜂蜜、松の実、黒糖なども候補に上がっていました。またいろいろ工夫してみたいと思っています♪

 

ぱっと見は普通のカップケーキですが、さりげなく薬膳の知恵が詰まって、一味違った、「元気が出る」バレンタイン・チョコでした♪

*営業時間*

9:00〰23:00

<完全予約制>
不定休 

*予約方法*

*関連ブログ*

*雑誌に掲載*

★2011年bea's up 9月号に「未来世療法」で

取り上げられました♪