霊能はんこ屋さん?!山本印店

 

前世療法のお客さまから、

山本印店という

「見える」 はんこ屋さん

話をお聞きしました。

軽い気持ちでネット検索してみたら、 出るは出るは体験談が!(驚)

本人しか知り得ないようなことや、本人も知らなかったことを、ズバズバ霊視?され、経営やら恋愛やらアドバイスされ、人によっては「予言」もあり。面白すぎて、つい、ブログサーフィンしてしまいました(笑)

 

相当のおじいさん?のようで、叱りつけられたり、「あなたに新しいはんこは要らない」とどんなに頼んでも作ってくれなかったり、滔々と説教をされたり、だいぶ味の濃いエピソードも。キーワードは「子供作れ」、男女を問わず子作りを奨励されるのがミソのようで、「結婚しなくていいから!不倫でいいから!その辺の人捕まえればいいから!」的な極端な話もあって笑えます。

 

開業したのを機にいっちょうキチンとした印を作ろうか、とも思ったのですが、電話予約が殺到して、ジャニーズのコンサート並みに取れない予約。今や、電話がつながるのは「ご先祖の導きがあった人だけ」とも言われるようになった、大激戦のもようです。

 

牛女舎(ぎゅうめしゃ)という2冊しか出していない出版元から、「桃仙」という雅号そのままの著書が出ています。「三宿のはんこ屋「山本印店」店主、山本桃仙の初エッセイ」とありますが、初エッセイって、次もあるのだろうか…。

 

「印鑑で開運するわけないでしょ!」というのが店主の持論のようですが、名前は自分自身の象徴、はんこを大切にするということは、自分を大切にするということ。よいはんこを持って、愛着を持って使うこと、運気を好転させることは、十分考えられることです。

文字には、なんとも言えないオーラが漂いますが、この印影を見るだけでも、ほっと温かい心安らぐ気がしますね。できたはんこは、明らかに気がいいのではないでしょうか、持っているだけでも開運しそうです。

「電話がつながるのはそれが必要な人だけ」と囁かれる状況も、「じゃあ、いっちょう運試ししてみるか?!」という闘争心に火を点けます(笑)

 

山本印店、気になりすぎます!!!

*営業時間*

9:00〰23:00

<完全予約制>
不定休 

*予約方法*

*関連ブログ*

*雑誌に掲載*

★2011年bea's up 9月号に「未来世療法」で

取り上げられました♪