2011年

1月

27日

死んだらおしまい、ではなかった

お坊さんの書いた、面白い本です。

 

2千件以上の葬儀を、

「故人を感じ」ようとしながら

執り行っていたら、

 

肉体を離れた魂

(著書では「本人」と呼んでいる)

が存在することを、

「実感」するようになった。

 

そんな体験をまとめた本です。

11年以上かけて、

コツコツと、自分一人で

観察を重ねていった。

 

すごいなあ、と思います。

 

沢山の宗教家や、

多くの霊能者、

そして哲学者たちが、

霊や魂について書いているけれど、

こうやって一つ一つ、

確かめていった話は

ほとんど聞いたことがありません。

 

宗教者らしい心温まるトーンで、

面白おかしいエピソードも交え、

さらっと軽く読めるけど、深い。

 

私が前世療法に出会ったのと同じように、

「死んだらおしまいではない」

という実感は、

生きる意味を変えること間違いなしです。

 

一読の価値ある本です。

どんな人にもおすすめです♪

*営業時間*

9:00〰23:00

<完全予約制>
不定休 

*予約方法*

*関連ブログ*

*雑誌に掲載*

★2011年bea's up 9月号に「未来世療法」で

取り上げられました♪