残り野菜で七草粥

七草がゆ

七草粥、作りましたよ~♪

 

年末年始で生協の配達お休みで、

いろんな食材食べ尽くした感があります(汗)

ありあわせの野菜で作ってみました♪

 

大根、人参、大根の葉、水菜、せり、三つ葉。

六草ですね(惜しい!)

苦味があり春の七草らしい雰囲気は出ました。

 

しなびて限界になりかけてた葉物を

片づけられて、ちょうどいい感じ♪

麺つゆで味付けて、卵を溶き入れました。

 

もともと七草粥は、

「裏庭とか家のその辺」に生えてた

雑草に近い葉っぱを入れてたはず。

 

ハコベなんか、小学生の頃、

学校で飼っていた鶏のために

よく道端で摘んだものです。

うじゃうじゃ生えていました。

 

スーパーでも「七草粥セット」なんていって

ちょっとばかりの量なのに

けっこういいお値段で売られていますが、

今でもあれは「鶏の餌」だと思ってます(笑)

 

「伝統」って、もともとは、

「身近にいくらでもあるありふれたもの」

を生かしていたハズですよねえ。

しめ縄だって、農家にはいくらでも藁があったから。

 

今は、ホトケノザなんて見たこともないし、

どこの家にも藁なんてない。

だから、お金を出してわざわざ買う。

「生活」の方が変わってしまったのに、

「伝統」だけが残ってしまう。

 

そういう意味では、その辺(=冷蔵庫)から

適当にあるもの、使えるものを取ってきて

イロイロ入れた、という我が家の七(六?)草粥は

“ほんらいの七草粥の精神”が生きてますね♪

 

えっ、手抜きの言い訳?!(汗)

*営業時間*

9:00〰23:00

<完全予約制>
不定休 

*予約方法*

*関連ブログ*

*雑誌に掲載*

★2011年bea's up 9月号に「未来世療法」で

取り上げられました♪